家庭用脱毛器を選ぶコツ

脱毛方式をチェック!

家庭用脱毛器の脱毛方式は、大きく2種類に分類できます。ひとつが物理的に抜いてしまうタイプで、手動で行う毛抜き作業を、肌表面を滑らせるだけで行ってくれるのが大きな特徴です。抜いてしまうわけですので即効性があり、時短でツルツルを目指す人におすすめと言えるでしょう。もうひとつは照射タイプで、光やレーザーを用いて脱毛効果を発揮するというものです。即効性はないものの、生えにくくできるという特徴を持ちます。毛根そのものへのアプローチができる機器であるため、続けることでお手入れの手間を減らすことができるはずです。いずれも脱毛をする点では共通していますが、アプローチの仕方が大きく異なります。求める効果を踏まえて適した方を選択しましょう。

光が良い?それともレーザー?

脱毛方式の中でも人気が高いのが照射タイプで、生えにくくできる効果を得られることもあって選ばれています。ただ、光とレーザーの2種類があり、効果の出方も違ってくるのです。光はフラッシュタイプとも呼ばれ、肌当たりが優しいのが魅力です。エステでも採用しているのがこのタイプで、刺激が少ないゆえに安全性の高い脱毛ができます。ただ効果そのものは低めであり、そこがネックと言えるでしょう。一方、レーザーはクリニックでも採用されている脱毛方式で、家庭でも効果的なお手入れを行えます。さすがにプロ仕様ほどの出力はないものの、光と比べて効果に優れると言われています。欠点として、光タイプよりも照射範囲が狭いことが挙げられます。部分的にしか照射ができないため、広範囲に使用する場合はかなりの時間を要してしまうでしょう。そのため、主にワキなどの狭い部位用として好まれています。