家庭用脱毛器のデメリットや注意点

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器を使ってムダ毛のお手入れをすることのデメリットとしては、クリニックの医療レーザー脱毛やサロンの光脱毛よりも効果が弱い、ライトの照射口が狭いので全身のムダ毛のお手入れをするのに膨大な時間と手間がかかる、カートリッジ交換が必要な脱毛器の場合はランニングコストがかかるなどがあります。全て自己責任で行わなければならないので、万が一お手入れ中に肌トラブルが発生しても保証が受けられないという問題もつきまといます。レーザータイプの家庭用脱毛器は光タイプの家庭用脱毛器よりも高い効果が得られるという利点がありますが、ライトを照射するときにゴムで弾かれるような痛みを伴うので、肌が敏感な人や痛みに弱い人は不向きです。

家庭用脱毛器でムダ毛のお手入れをする際の注意点

家庭用脱毛器を使ってムダ毛のお手入れをする際に注意すべきこととしては、ムダ毛を剃ってからお手入れをしないと火傷のリスクが生じる、ライトの照射レベルを低めにしてお手入れをすると効果を実感しにくくなる、お手入れをする前にフル充電しておく必要がある、自分のムダ毛の悩みに合った脱毛器を選ばなければならないなどがあります。家庭用脱毛器のライトは、ムダ毛の黒い色素に反応します。ムダ毛が伸びた状態でライトを照射すると火傷の原因になりますので、必ず丁寧に剃ってからお手入れをするようにしましょう。様々なメーカーから様々な種類の家庭用脱毛器が市販されていますので、きちんと比較してベストなものを選ぶことが大切です。